投稿日:2020年11月26日

解体工法にはどんな種類がある?

こんにちは!福岡県遠賀郡遠賀町に拠点を構え、北九州市をはじめとした福岡県内で、木造解体から店舗内装解体などのありとあらゆる解体を行っております、建物解体業者の北川工務店です。
建物の解体を行うといっても、さまざまな工法があります。
そこで今回は、建物の解体工法についてご紹介したいと思います。
解体工事には、どのような種類の工法があるのでしょうか。

木造建築解体の場合

木造の建物を解体する場合、まずは手こわし解体が挙げられます。
バールのような簡単な工具を用いて、その名の通りに手作業で解体していく工法です。
振動や騒音が少ないことから、建物の一部だけを解体する際にも有効でしょう。
また機械解体工法という工法も挙げられます。
こちらは木造建築の解体においてとくに多く用いられる工法であり、ハサミ型のアタッチメントが取り付けられた油圧ショベルで解体を行います。
大きな木造建築にも対応できるものの、振動や騒音、粉じんといったものが多くなることから、近隣に配慮しなければいけません。

RCやSRC解体の場合

RCやSRCの解体方法には、「カッター工法」「圧砕工法」「ハンドブレーカ工法」が挙げられます。
カッター工法では、鉄骨切断用のカッター機が取り付けられた油圧ショベルで解体が行われます。
解体がスピーディーに行えることから、大がかりな解体にも対応可能です。
圧砕工法では、コンクリートを噛み砕ける圧砕機がついた油圧ショベルで解体されます。
重機を用いるのですが、振動や騒音が少ないですし、コンクリート解体でとくに用いられている工法です。
とはいえ、粉じんは多く出る可能性があるでしょう。
ハンドブレーカを用いて解体する工法がハンドブレーカ工法です。
はつり工という技術者が作業を行います。
一部のみ解体する場合や内部の解体、重機が入ることのできないような狭い場所の解体に適した工法でしょう。
ただ粉じんや騒音に対しての配慮はしなくてはいけません。

北川工務店へご相談ください!

北川工務店では、店舗内装解体や木造解体などを請け負っております。
店舗やオフィスの内装解体工事では、内装の解体から原状回復までを行っております。
また現地調査や近隣へのあいさつ、残っているものの撤去、ライフラインの停止を、店舗内装解体工事の前に実施しておりますのでご安心ください。
養生を行い、内装材・床材の撤去をしてから、産業廃棄物の処理や掃除をし、マニュフェストを発行するのが内装解体工事の施工の流れです。
木造家屋を解体する際には、手こわし解体工事や手こわし併用機械分別解体工事を行っております。
北川工務店では、手順にしたがい忠実に行っていますので、解体を検討されているならぜひご連絡ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

解体工事や家屋解体、内装解体は北九州市の北川工務店
〒811-4342 福岡県遠賀郡遠賀町大字尾崎1554
電話:093-293-2242 FAX:092-510-2697


関連記事

年末の現場 木造平屋の解体

年末の現場 木造平屋の解体

明けましておめでとうございます。 年末最後は木造平屋の解体です。 屋根下地の撤去完了 瓦撤去状況 内 …

本日の作業状況

本日の作業状況

本日も引き続き内装解体を行いました。 和室(畳撤去後) 床組撤去後 本日もケガもなく無事に作業完了し …

木造二階建ての解体

木造二階建ての解体

昨日から足場を組んで、本日は瓦降ろしを行いました。 瓦降ろし完了後 かなり古い建物で屋根に土が乗って …

お問い合わせ 採用情報